<こんな悩みにお答えるために作られています>
☑後継者が周りに影響力を発揮してほしいが上手く行っていない
☑色々な研修に参加しているが実務行動の改善や成長に繋がってない
☑後継者にあった具体的な成長につながる教育施策を企画したい
☑自らの課題やゴール、目的さえ見えておらず、後継者が主体的に動いているように思えない
☑経営者の視点や部下を育成する視点などリーダーシップをもって欲しい
☑後継者のフォローアップをしたいが、会社にノウハウが残ってない

会社の将来を担う後継者を育成するためには、
汎用的かつ受け身の研修では不十分です。

必要なのは、、、

実務に直結した研修内容であること

学んだ内容が実務に活用できること

そして、

継続的な個別フィードバックがあること

経営戦略型とは

☑今抱えている経営課題の改善を目的にした研修内容である

☑テンプレートの活用により後継者に必要な知識・スキルが短期間で吸収できる

☑経営課題の分析ノウハウを学ぶことでマクロ環境の見える化ができる

☑専任コンサルタントによる1対1の個別フィードバックで行動を促す

☑実践とフィードバックで戦略的思考となる

このプログラムが成果を出せる3つの理由

①経営課題に即したプログラム

 自社の経営課題に活用できるスキルの強化プログラムにて研修を実施
 具体的なイメージを持って学習することができるため実務にて活用できる

②個別フォードバックの反復実施

 研修をやりっぱなしで終わらせることなく、実践とフィードバックを繰り返し
 個別面談で一緒に考え、実践し短期間でスキルが定着できるプログラム

③テンプレートの活用

 経営コンサルタントが実際に経営指導の現場で使っているテンプレートで
 学習するため、論理的な課題解決の方法や再現性が高い